首都圏建設アスベスト訴訟・東京高裁へ控訴

首都圏建設アスベスト訴訟原告団は12月18日、一審の東京地裁判決を不服として、東京高裁に控訴しました。
n20121227-0012月5日の東京地裁判決は、建設作業現場に従事する建設労働者のアスベスト被害について、はじめて国の責任を認めましたが、判決が原告の半数の「一人親方」「零細事業主」を救済せず、建材メーカーの責任も否定した点について「受け入れることはできない」として、原告全員が控訴しました。
18日の告訴状の提出行動には宮島原告団長を先頭に原告と遺族、支援者200人が参加。
宮島団長は「一人親方、零細事業主が線引きの外に置かれ、何の補償の対象にもならなかったことが納得できない。さらに被害の元凶である(アスベスト建材)製造企業が賠償責任を負わないのは許せない。原告全員が一枚岩になってたたかう」と話しました。
今後も大きな運動で世論を広げながら、たたかっていきます。